報道発表資料掲載システム
一覧へ戻る
0117  出雲市 出雲大社彰古館等4件の国登録有形文化財(建造物)の登録について

平成27年7月17日
文化財課
原田敏照
TEL : 0852-22-6612
FAX : 0852-22-5794
Mail : bunkazai@pref.shimane.lg.jp
 
 7月17日(金)に開催された国の文化審議会(会長 宮田亮平(みやたりょうへい))において、出雲市大社町内に所在する次の4件の建造物を国登録有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学大臣に答申されました。

1.有形文化財(建造物)の概要
(1)名称
 @ 出雲大社彰古館(いずもおおやしろしょうこかん) 1棟
 A 出雲大社宇迦橋大鳥居(いずもおおやしろうがばしおおとりい) 1基
 B 日の出館玄関棟(ひのでかんげんかんとう) 1棟
 C 日の出館明治棟(ひのでかんめいじとう) 1棟
(2)所有者
 出雲大社彰古館・出雲大社宇迦橋大鳥居:宗教法人 出雲大社
 日の出館玄関棟・日の出館明治棟:個人
(3)年 代
 出雲大社彰古館:大正3(1914)年
 出雲大社宇迦橋大鳥居:大正4(1915)年
 日の出館玄関棟:大正5(1916)年
 日の出館明治棟:明治後期
(4)概要等
@ 出雲大社彰古館は、当初、宝物殿として建立された入母屋造銅板葺(いりもやづくりどうばんぶ)きの木造2階建である。正面に切妻造りの庇を突出させるなど社寺建築の要素を随所に取り入れ、境内に建つ国宝・重要文化財建造物と違和感のない外観に仕上げられた近代の和風建築である。
A 出雲大社宇迦橋大鳥居は、神門通り開通と大正天皇の御大典を記念して、島根県出身の篤志家により建立された。高さ23mの鉄筋コンクリート造で当時日本一の高さを誇る大鳥居であった。
B 日の出館は、出雲大社参道の神門通りにある老舗旅館である。玄関棟は、正面に入母屋造の玄関を備え、明治棟は、各部屋とも整った座敷飾を設けている。両棟とも、門前町の歴史を今に伝える木造二階建の和風建築である。

2.登録の答申が行われた有形文化財(建造物)の件数
全 国 195件(新規登録)、10,382件(累計)
島根県 4件(新規登録)、 176件(累計)
 ※出雲市:累計で12件
(既登録事例8件:一畑電鉄出雲大社前駅舎、石橋家住宅主屋、一畑電車布崎変電所、出雲日御碕灯台など)
 ※鳥居の建造物登録件数:全国で28件、中国地方で1件



一覧へ戻る