報道発表資料掲載システム
一覧へ戻る
1953  腸管出血性大腸菌(O157)感染症患者の発生について(第4報)

平成27年9月2日
薬事衛生課
糸川・松田
TEL : 0852-22-6530
FAX : 0852-22-6041
Mail : yakuji@pref.shimane.lg.jp
 
 益田保健所管内の高校の寮における腸管出血性大腸菌(O157)感染症については、既に発表しているところです。
 その後、有症者及び接触者の健康調査(検便)を行ったところ、新たに、腸管出血性大腸菌(O157)感染症の者が9名確認され計29名となり、このほか無症状病原体保有者が31名確認されました。
 益田保健所はこれまで食中毒と感染症の両面の調査を実施してきましたが、発症状況から主な原因が食中毒であったと判断し、有症者に共通する食事は寮が提供した食事のみであることから、9月2日から3日間の調理業務の停止処分としました。



一覧へ戻る