報道発表資料掲載システム
一覧へ戻る
2931  「第63回 文化財防火デー」について

平成29年1月10日
文化財課
浅沼政誌
TEL : 0852-22-6611
FAX : 0852-22-5794
Mail : bunkazai@pref.shimane.lg.jp
 
1.趣旨
 1月26日は法隆寺金堂壁画が焼損した日(昭和24年)にあたり、昭和30年に、この日が「文化財防火デー」と定められました。文化財を火災、震災その他の災害から守り、国民の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、全国的に文化財防火運動を展開しています。

2.主唱
 文化庁・消防庁

3.県内文化財の概要
指定文化財件数一覧(平成28年12月現在)
http://www.pref.shimane.lg.jp/life/bunka/bunkazai/shimane/itiran.html

4.実施内容
 建造物を中心に県内の指定文化財をパトロールし、消防設備の点検等を行います。
市町村・所有者・消防関係者及び地域住民の協力により防災訓練の実施、各種広報活動を行います。
 ※パトロールの日程等は別紙のとおり(県文化財課職員派遣予定分)ですが、詳細については市町村教育委員会にお問い合わせ下さい。
 今回、県内市町村が実施する文化財パトロールは16市町村104箇所です。

5.島根県内の過去の被災例
 出雲大社拝殿全焼(昭和28年・未指定)
 熊野の製茶用具(焼失)(昭和55年11月・県指定有形民俗文化財)
 富村の屋敷構え(民家全焼)(平成3年12月・県指定有形民俗文化財)
 隠岐国分寺蓮華会舞の面(焼失)(平成19年2月・県指定有形民俗文化財)



一覧へ戻る