報道発表資料掲載システム
一覧へ戻る
2695  三隅発電所2号機建設変更計画環境影響評価準備書に係る知事意見について

平成29年11月24日
島根県環境政策課
佐川、高木
TEL : 0852-22-6444
Mail : kankyo@pref.shimane.lg.jp
 
 本日、標記事業の環境影響評価準備書(※1)(以下「準備書」という。)について、環境影響評価法第20条第1項及び電気事業法第46条の13の規定に基づき、別紙のとおり知事意見を経済産業大臣へ送付しましたので、お知らせします。この知事意見は、島根県環境影響評価技術審査会の答申を踏まえて作成したものです。

          記

1 事業の概要
 事業者:中国電力株式会社
 設置場所:浜田市三隅町岡見1810
 事業の内容:三隅発電所2号機の出力変更(40万kW→100万kW)
 燃料:石炭
 工事着工予定:平成30年11月
 運転開始予定:平成34年11月

2 準備書手続きに係る主な経緯
 平成29年5月25日:事業者が準備書を送付
 平成29年8月2日:県が島根県環境影響評価技術審査会へ諮問
 平成29年11月15日:島根県環境影響評価技術審査会が県へ答申
 平成29年11月24日:知事意見の提出

3 今後の予定
 経済産業大臣は、知事意見を勘案し、必要に応じて事業者に対し勧告を行う。
事業者は準備書に対する知事意見等について検討し、必要に応じて準備書の内容を見直した上で、環境影響評価書(※2)を作成する。



(※1)環境影響評価準備書:環境影響評価方法書(準備書の前段階図書)をもとに調査・予測・評価を実施した結果を示し、環境の保全に関する事業者自らの考え方を取りまとめたもの

(※2)環境影響評価書:環境影響評価準備書について都道府県知事や一般から述べられた意見等を踏まえ、環境影響評価準備書の記載事項について再検討を加え、必要に応じて見直した上で、準備書に対し述べられた意見と、それらに対する事業者の見解を、準備書の記載事項に追加して記載したもの



一覧へ戻る