報道発表資料掲載システム
一覧へ戻る
1762  家族経営協定調印式を開催

平成29年7月28日
東部農林振興センター
松江農業普及部 大倉
TEL : 0852-32-5687
Mail : tobu-noshin@pref.shimane.lg.jp
 
 このたび松江市内の農家が、新たに家族経営協定を締結することになり、関係機関を立会人として、下記のとおり調印式を行ないます。
 家族経営協定は、家族農業経営内での個人の地位及び役割を明確化し、近代的な農業経営を推進する有効な手段として、農家に対し普及推進されているところです。

               記

●日時  平成29年8月2日(水)14:00〜
      
●場所  JAしまね 鹿島支店(鹿島町南講武)
      
●締結者 木村彰ご家族(後継者:木村彰氏、父:木村誠氏、母:木村静子氏)

●立会人 
 JAしまねくにびき地区本部営農経済部    部  長  中村 隆
 松江市農業委員会事務局           事務局長  森山 郁夫
 松江市産業経済部農政課           課  長  土江 紀明
 島根県東部農林振興センター松江農業普及部  部  長  重本 聡

●問い合わせ先
 松江市産業経済部 農政課農業振興係 吉儀、新田
 TEL 0852−55−5224


注目点
 今回家族経営協定を締結するのは、松江市鹿島町において主にアスパラガスを栽培する木村彰さんのご家族です。
 彰さんは自宅の農業の後継者となるために、1年間の先進農家での研修を受け、今年4月から自宅で両親と一緒に農作業を行なっています。今後、地域の担い手としても期待されています。





一覧へ戻る