報道発表資料掲載システム
一覧へ戻る
1852  平成30年度病害虫発生予察情報 特殊報第1報(トルコギキョウ斑点病の県内での発生について)

平成30年8月10日
病害虫防除所
永島・奈良井
TEL : 0853-22-6772
FAX : 0853-24-3342
 
平成30年度 病害虫発生予察情報 特殊報第1号(新病害発生情報)

                          平成30年8月10日                       島根県病害虫防除所

 トルコギキョウ斑点病の本県での発生が確認されたので特殊報を発表します。

【概況】
 平成30年6月、県東部、県西部のそれぞれ1か所の施設栽培のトルコギキョウにおいて、下位葉〜中位葉にかけて黒〜灰褐色のすす状の病斑を示す株が確認された(写真1、2)。症状からトルコギキョウ斑点病の疑いがあったため、農林水産省神戸植物防疫所に診断を依頼したところ、Pseudocercospora nepheloi-desによるトルコギキョウ斑点病であることが判明した。
 同様の症状は、平成27年11月に県西部の1か所で発生を確認したが、収穫期の発生で被害程度は軽微であった。国内における本病害の発生は、平成20年に福岡県で初めて確認され、その後、平成29年に高知県、大分県、熊本県、宮崎県、長崎県、平成30年に和歌山県、沖縄県、広島県、福島県で報告されている。

1 病害虫名 トルコギキョウ斑点病

   シュードサーコスポラ   ネフェロイデス  ユーストマティス
2 病 原 名  Pseudocercospora nepheloides(=P. eustomatis)
3 作 物 名 トルコギキョウ
4 発生場所  県東部・西部



一覧へ戻る