報道発表資料掲載システム
一覧へ戻る
2845  「GAPの実践、GAP指導力向上研修」開催

平成31年1月11日
農産園芸課
高田、日下
TEL : 0852-22-6011
Mail : nosan-engei@pref.shimane.lg.jp
 
1 研修の名称
  GAPの実践、GAP指導力向上研修

2 主催
 島根県、JAしまね、島根県GAP推進協議会

3 目的
 近年、GAPへの関心が高まり、JGAPや美味しまね認証取得が、個人だけでなく、団体・産地での取組へと広がっています。
 また、一部の国の補助事業や交付金の要件として、国際水準GAPの取組が求められており、一層の指導が求められるようになります。
 さらに、31年1月に、美味しまね認証は、JGAP2016と同水準の新たな基準を設定し、現行基準と2本立ての制度としたところです。
 そこで、今後GAP取り組みの拡大と、認証取得を目指す生産者へ具体的な支援を行うため、「JGAP2016」を教材として、GAPの理解を深める研修会を開催します。
 ※GAP(Good Agricultural Practice):食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取り組み

4 日時
 平成31年1月15日(火)13:15〜16:30(受付13:00〜)
   
5 場所
 JAしまね本店 大会議室 (出雲市斐川町直江5030) 
 (JAしまね隠岐地区本部とJAしまねいわみ中央地区本部の会議室で、研修を中継放送)

6 対象者
 GAPを指導している者、今後GAPを指導する者、美味しまね認証審査員、
 JGAP、美味しまね認証上位基準取得希望者 など

7 内容
 【情報提供】美味しまね認証制度「上位基準の制定」について
       島根県農産園芸課食の安全推進室 室長 高田 光
 【講  演】GAPの管理点と適合基準のポイント
        講 師 S&Sサーティフィケーション株式会社
            代表取締役 内田 修一 氏



一覧へ戻る