イベントカレンダー
島根県立石見美術館コレクション展「森鴎外の美術探訪」
ホームページを表示 関連するホームページを表示
趣旨説明 「学問の自由研究と芸術の自由発展とを妨げる国は栄えるはずがない」−1911年、「文芸の主義」でこう唱えたのは、明治の文豪として知られる森鴎外(本名・林太郎 1862-1922)です。
 鴎外は近代化に向けて様々に変容する世の中で、学問と芸術の重要性を説きました。持ち前の鋭い観察眼と、西欧の文化に磨かれた審美感は、美術批評や文部省美術展覧会の審査員といった立場で生かされ、美術界の発展に大きな影響を与えました。
 森鴎外の著作の挿絵を担当したのは、当時の美術界を牽引する人気の画家たちでした。和田英作、中村不折、長原止水(孝太郎)、平福百穂など、明治・大正時代を彩った彼らの画業を紹介し、鴎外をめぐる美術の世界を探訪します。
開催日時
2017年 6月 21日 から
2017年 7月 31日 まで
開催場所 島根県益田市有明町5番15号
島根県芸術文化センター「グラントワ」内

島根県立石見美術館

【休館日】毎週火曜日
参加費用 ●一般 300円(240円)
●大学生 240円(160円)
●高校生以下 無料

※()内は20名以上の団体料金
※障害者手帳お持ちの方及び介助者は入場無料
※コレクション展と企画展を同日に入館される場合はコレクション展の観覧料が半額になります。
URL(ホームページ) http://www.grandtoit.jp/museum/
問い合わせ先
所属 芸術文化センター総務広報課
電話 0856-31-1860
FAX 0856-31-1884
電子メール geibun1@pref.shimane.lg.jp