1769 国立国会図書館所蔵「日本志 山陰部 隠岐国地図」(複製)の展示について


 竹島資料室では、国立国会図書館の許可を得て、公益財団法人日本国際問題研究所の協力のもと、「日本志 山陰部 隠岐国地図」の複製を下記のとおり展示します。
 「隠岐国地図」は、大阪の地図学者森幸安(もり こうあん)が宝暦2(1752)年に作成した地図です。
 このたび、島根県竹島問題研究会委員で、島根大学法文学部の舩杉力修准教授の調査により、隠岐島後の北西部に位置する福浦湊に、竹島(現在の鬱陵島)と松島(現在の竹島)への航路とその注記の記載があることが発見され、竹島が表記された最古の日本地図とみられています。
 竹島が日本領であることを補強する貴重な史料ですので、ぜひご覧ください。

                記

1.期間   令和元年8月9日(金)から常設展示
2.場所   島根県庁第3分庁舎 竹島資料室
3.開室時間 午前9時~午後5時
4.休室日  毎週火曜日
5.その他  8月9日(金)午後1時から竹島資料室で、報道機関を対象
       に、舩杉力修委員による地図の解説を予定しています。

 ■お問い合わせ
  島根県竹島資料室
  〒690-8501 松江市殿町1番地(島根県庁第3分庁舎)
  TEL:0852-22-5669 FAX:0852-22-6239
メール:takeshima-shiryo@pref.shimane.lg.jp