3207 ”新型コロナに負けるな!”JAグループ島根職員・島根県職員の県産品応援デー


 今般の新型コロナウイルス感染症流行の影響により、島根県産品の消費が減少し、生産者の皆さんの収入減少が心配されています。
 なかでも、小中学校の休校による学校給食用の牛乳、野菜などの需要減、卒業式の休止等による花き需要の減少が著しくなっています。
 こうした状況を踏まえ、令和元年6月「島根県農業産出額100億円増の早期達成に向けた共同宣言」を契機にともに取り組んでいるJAグループと一緒になって、全職員へ県産品の消費拡大を呼びかけます。
 13日は手始めに、JAでは、①Aコープ・ラピタ等の地産地消コーナーにチラシ掲示、②全職員にメール通知を、県庁では、①県庁入口及び食堂でのチラシ掲示、②15時に庁内放送、③全庁職員にメール通知を行います。


★県産品の消費拡大の日として『毎週金曜日を県産品応援デー』に設定☆

 ~3月は、13日、20日、27日~

JAグループ職員・県職員自ら県産品の消費拡大に取り組みます。
【取組例】
・牛乳をもう1本多く使って家族で牛乳料理をもりもり食べる
・金曜日には花を買ってゆとりのある週末を過ごす
・県産牛肉、野菜、魚を買って家族で鍋を囲む