1011 第71回全国植樹祭の1年延期について


 丸山知事が、令和2年4月6日16:00からの記者会見において、第71回全国植樹祭の1年延期を発表しました。

 【知事コメント】
 大田市三瓶山北の原で本年5月に開催を予定していた第71回全国植樹祭については、本日、開催を1年延期することを決定したのでご報告します。
 新型コロナウイルス感染症の拡大傾向を踏まえて、3月中旬から、共同主催者である国土緑化推進機構と対応を協議してきたところであり、本日 国土緑化推進機構の理事会において書面で正式に決定されました。
 大会の開催に向けては、大田市をはじめ多くの県民の皆様、また、林業・木材業界関係者の皆様のご協力をいただきながら準備を進めてきました。これまでのご協力に感謝するとともに、予定どおりの開催ができなくなったことについて、お詫びを申し上げます。
 県としては、天皇皇后両陛下のご臨席のもと、県内外から多数のご参加をいただくという全国植樹祭が、できるだけ完全な形で実施され、また、これまで進めてきた準備をなるべく活かすという点からも、1年延期という判断は最善のものと考えており、県民の皆様に何卒ご理解いただきますようお願いします。
 変更に当たっては、国土緑化推進機構に多くの関係者との調整にご尽力をしていただき、お礼を申し上げます。また、島根県に続いての開催が予定されていた滋賀県、岩手県、岡山県の3県におかれては、それぞれ様々な御事情があったことと思いますが、開催を1年ずつ後倒ししていただき、本県の事情を鑑みご判断を頂いたことに心より感謝を申し上げます。
 現在、国と地方公共団体また医療関係者の皆様が一丸となって新型コロナウイルス感染症対策に取組んでいるところです。開催県である島根県としましても、一年後の開催に向けて、引き続きこの感染症対策を含めて、しっかり準備してまいります。