1089 第5回島根県対策本部会議の開催結果について(新型コロナウイルス感染症患者の発生)


本日、標記会議を開催しました。概要は下記のとおりです。

日 時:令和2年4月26日(日) 11:00~11:10
場 所:島根県庁6階 講堂
出席者:知事、教育長、県警本部長、各部局長、防災部次長  計23名
内 容:下記のとおり

1.発生状況について
(1)健康福祉部
①昨日4月25日、出雲市で新型コロナウイルス感染症の患者が発生した。
 (詳細は別添資料1を参照。)
②患者は、自宅待機期間中における外出時はマスクを着用され、23日以降は外出していない。
 本日中に感染症指定医療機関に入院する予定。
③患者は、14例目と16例目の患者と濃厚接触者であったが、松江市の調査では未把握だったので、
 松江市に対して1~16例目の患者の濃厚接触者に漏れがないか再確認するよう、
 また濃厚接触者の自宅待機を徹底させるよう要請した。
④本日17時をめどに報道機関へ情報提供する予定。

2.知事指示事項
(1)調査事項の徹底
①感染拡大を防止するため、迅速に今回の患者の行動調査を出雲保健所で行い、感染経路や
 濃厚接触者の把握を徹底して行うこと。
②把握できた濃厚接触者の自宅待機を要請するとともに、健康観察を徹底して行うこと。
③保健所設置者である松江市、地元市町村である出雲市と連携して感染拡大防止に取り組むこと。

(2)調査を徹底するための体制強化
①(1)指示事項を実施する体制を強化するため、大型連休期間中も活動が必要であることをふまえ、
 各部局からの応援を積極的に実施すること。

(3)県民の皆さまへのお願い
①現在の状況については、感染経路が不明な患者やクラスターが数多く発生している
 大都市とは状況が大きく異なっています。
②今回判明した患者さんも、感染経路不明ではなく、これまで県内で判明している患者さんと同じく、
 一つのクラスターと関係した方で、感染経路が不明な患者さんが発生している状況ではありません。
③県民の皆様には、患者の判明した地域の広がりや、患者数の増加といった点で、大変ご心配だとは
 承知していますが、感染経路がはっきりした感染なのかどうか、といったところにもご注意いただいて、
 状況の推移を見守っていただければ、と思っています。
④また、感染を過度に恐れるあまり、感染者・医療機関関係者やそのご家族などを誹謗・中傷・差別する
 ことは許されません。こうした行為は、必要な情報が得られなかったり、医療を提供してもらえないこと
 につながるので、絶対にやめてください。
⑤すべての県民の皆さまには、大型連休中の外出の自粛や、やむを得ず外出する場合は、他者との距離を
 可能な限り2メートルの間隔をあけること、県をまたいで移動することや、帰省を含め他の都道府県から
 人を招くことは、厳に避けていただくことを重ねてお願いします。